日々成長

日々を充実させ、こころ豊かに生きていく。自分におもいっきり格好つける!

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田屋嘉兵衛

菜の花の沖(司馬遼太郎)もやっと最終巻(全6巻)まで辿りつきました。
一気にクライマックスに向かう勢いで結末が楽しみです。

彼(高田屋嘉兵衛)が歴史に残った理由を考えると・・・
ロシアに拉致されたことが最も大きいのではないでしょうか。

現在まで続く北方領土問題の起こりともいうべきその時代に船頭として生き、蝦夷地開発を進めたことだけでも大きなことだと思います。

しかし拿捕されロシアに拉致されたときのその態度が彼を特徴づけた。

一介の船頭が「日本とロシアの問題を和平でもって解決する」と決意。

普通、その状況でその人の立場で、そんなこと考えれるかって考えたとき、いかなる状況に置かれても自分を見失わず(目標を持って)、
卑屈にならず・尊大にならず(自分の価値観にしたがって)、
堂々と生きることの大切さを、
当たり前だけど、その当たり前のことが最悪の状況でも持ち続けなければいけないと感じました。

そんなことを考えていたら、私の周りに環境を変えて一生懸命生きてる人達にエールを送りたくなりました。

しんどい時、いやになりそうなとき、そんなの大したことではありません。すべては人の心の持ち方です。今の仕事の倍の仕事が入っても実はこなせるのです。

友の成長していく姿は最も嬉しい話題です。

エブリデイ、So、HAPPY!でいきましょう

(なんか話が支離滅裂になってしまったような・・・)
では、また
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://richmind21.blog57.fc2.com/tb.php/20-ef346e8f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website